簡単にセックスフレンドが見つかる

人に公言することはありませんが、セックスフレンドを持ちたいと考えている人はたくさんのられるのではないでしょうか。
そんな人を探している時間がないだけで、しかしセックスフレンドは欲しい、そんな人、あるいは彼女や彼氏、結婚相手には言えない趣味がある人、だからセックスフレンドが欲しい、そんな人もおられるでしょう。しかしだいたいあが、やりたいだけ、色々な人と寝たい、そんな理由かもしれません。

そのような動機は数々あれど、セックスフレンドが欲しいと思ったからって簡単に見つけられる物ではないでしょう。
そんな存在が欲しいなら、まず金を払え、それが常識かもしれません。セックスフレンドなんて呼ばれたい人がいるとは思えませんから。
でも店に行くにしても、けっこうな料金が発生してしまいます。
連日いける人もいないでしょう。それに女性だとこのような店すらありません。
そう言うわけで、ここでクローズアップされてくるのが、インターネットなのです。

近頃、出会い系のサイトなど、たくさんのとても使いやすいサービスがあります。
そのようなサイトは検索機能によって、自分の理想の相手を簡単に見つけることが出来ます。
かなりお手軽です。
もうこの世の中、セックスフレンドを見つけるのは簡単になりました。

しかしそれでも気をつけなければいけないのが、「さくら」の存在です。
さくらは出会い系のサイトの中に出没する偽物です。
利用者にお金を出来るだけ使わせようとしてくる詐欺師みたいなもの。
それだけには気をつけて下さい。
少しでも疑わしいと思ったら、関わり合わない。
それが重要です。

セックスをしたくなる動機

セックスをすることになるためには、その動機と言うのか心理的な原因と言うものがある。
過去の原因と言うのか動機の第一位として挙げられたのは、男性は肉欲を満たすためであり、女性は肉欲よりも愛を求めてと言うことだと言われていた。
しかし、ある調査結果によってこれはちがうことが判ったようだ。
セックスをしたくなる動機の第一位は、男女ともに“相手に魅力を感じたから”と言うことだった。

ようするに男女ともに“いい女とやりたい”・“素敵な男に抱かれたい”と言う願望を具現化するために自分に素直になっている、と言うことのようだ。
誰だって、いい女やいい男をセックスの対象に選びたいものだし、できることならブスやブ男とは関わりたくはないものだと言うことが本音だろう。
セックスをするときには通常はお互いに裸で抱き合い、自分をさらけ出して相手と向きあい、更には自分の大切なところに男性の物を迎え入れて、場合によっては男性の精液を受け止めるのだからやはり好みの男性に抱かれたい訳だ。

一方男性は、相手の女性が感じるようにあらゆる努力をその女性にする訳であり、彼女の女陰を舐めたり、愛液をすすったり、彼女の身体じゅうを舐めまわしたりして、最終的には自分の肉茎を彼女の肉鞘に挿入して彼女をいかせるように最後の努力をする訳だ。
この全ての努力が自分の喜びでもある訳だから、やはり自分の好みの女性を相手に頑張りたいはずだし、それが男性のセックスにおける真理だと思う。
こう言ったことを考え合わせると、やはり男女とも相手に魅力を感じるとセックスをしたくなるのだと思う。
カップルの(既婚・未婚に関わらず)女性に対して、パートナー以外の男性とセックスをしたことがありますか、と言う調査をした女性詩があった。
その回答は男性としては実に驚くべきものであって、何と58%近くの女性が“ある”と回答していて、更にそのなかの23%が“5人以上と経験した”と回答していたと言う。
これはやはり、好みの男性とはセックスをしてもよいと言う精神構造の表れなのだろう。
男女ともにやりまくる時代なのだろうか?

その一方では、セックスレスで悩むカップルも結構いるのだから、人間のセックスに対する欲求というものは判らない部分が多い。
でも、お互いに相手が変われば一躍セックス大好き人間に変身する例も沢山あることだろう。セックスレスで、セックスをしたくてしょうがない女性を男性は心待ちにしよう。
女性も同様に、セックスレスだが実はやりたくてしょうがない男性を心待ちにしよう。
そして、現れた相手が自分の好みであり、自分もまた現れた相手の好みであることを願ってチャンスを待てばめくるめくようなセックスの世界にお互いを誘えることだろう、きっと。

携帯でセフレを探せる

良いセックスフレンドを見つける手段として、携帯電話を使うことは外せません。ひと昔前までは、ネットといえば、PCで閲覧することが普通でした。
なので、セックスフレンドを探すために利用するサイトも、ほとんどパソコンで見るために作成されていました。
けれど、日々進化していくIT業界。
現在では、携帯電話でサイトを見ることがメインになっています。

ですから、男女が出会いを求めるサイトや、セックスフレンドを探すためのサイトも携帯電話で閲覧することを目的としたサイトが多くなってきています。 今では、携帯電話を利用してセックスフレンドを探す時代なのです。 携帯電話を利用して相手を探す場合、異性とやりとりする基本はチャットです。
メールアドレスでのやりとりは、対象サイトでメッセージを交わして仲良くなってからというのが通常になると思います。
個人情報を守ることが大切だと思われている現在、この状態は当たり前だと思います。

セックスフレンドを作るためには、どのようにしてメッセージやりとりから対象の相手を会わせたいと思わせるが重要なわけです。
メールアドレスを交換するところまでできれば、その先はスムーズに会えると思います。
メールアドレスを交換したときには、既に会う気があるからです。

ですので、セックスフレンドを携帯電話で作る場合は、チャットで仲良くなれるかが重要になるといっても過言ではないでしょう。
チャットの場合は、長く文章を書くということはあまり良いことではありません。相手が送るメッセージの感覚や文字数などを確認し、それに合わせることが大切です。
テンポよく、メッセージのやりとりができれば、仲良くなれる気がするものです。あとは構えずに気楽なかんじで行うことだと思います。
セックスフレンドに求めるものは、真面目さではなくて気楽な関係ですからね。

作業着を着ている男性が好き

彼女には、実はあまり人には受け入れてもらえないようなフェチがあるのだといいます。
普段は23歳でOLをしているという彼女ですが、そんな彼女がどうしても好きなものが、作業着。
作業着を着ているガテン系の男性に、とてつもない性的な魅力を感じてしまうのだといいます。
作業着の中でたくさん汗をかいていて、筋肉質の男性が働いている姿がとても好きなんだそうです。
実際に、セックスのときも作業着を着ていてほしいというのが彼女の希望なのだそうですが、なかなかそんな希望を叶えてくれるような男性はいませんよね。

そこで、彼女は出会い系サイトを使うことで、自分にとっての理想の出会いを探し出すことにしたのです。
普通にセックスフレンドの関係を見つけるだけなら簡単かもしれませんが、彼女が探しているのは作業着を着ている男性。
ですから、出会い系サイトの募集の文章には、しっかりと作業着が好きであるということを明示しておきました。
彼女の中でも、どこかそんな男性は現れないだろうという諦めのようなものがあったのだそうですが、一人の男性がそれに連絡をしてきました。

メールで話をしてみると、彼は現役の鳶の人で、普段から作業着を着ているのだとか。
彼女のほうからお願いして、その人に会ってもらえるように頼みました。
そうして出会いが成立したのですが、もちろん彼女は作業着を着てきてもらうようにお願いをしました。
彼は自分の車で彼女を迎えに来ますが、その中に乗っている姿はもちろん作業着です。
その格好を見ただけで、彼女は身体が熱くなってしまったのだとか。
そのまま車の中で行為に及ぶことになったのですが、彼女の強い希望で作業着はずっと脱がずに行われたそうです。
少しマイナーな性癖だとしても、出会い系サイトの中からなら必ず一致する人を見つけることができるのかもしれませんね。

下腹フェチ

俺はセックスをした後、相手の女の臍と陰毛の間の下腹の部分に顔をうずめるのが好きだ。
あの、なんとも言えない“フヤフヤ”とした感触が堪らなく好きだ。
まして、今まで俺の下腹部の下敷きになっていて、二人の汗にまみれているその部分は、何とも淫猥な部分だとも言える。

しかし、実際には俺の精液を受け止めてくれたのは、彼女の肉鞘だ。
勿論のこと、肉鞘は大好きなのだが、射精を終えて彼女と今のセックスを通じて精神的な部分を共有しようと思うと、俺は彼女の下腹部が最適に思えるのだ。
俺の精液を受け止めてくれた、彼女の女性器官が納まっていて、なおかつ、それは彼女と俺を天国に導いてくれた女性器官なのだから、二人とも感謝をしなければいけない。
ここが大切で、多くのカップルは“女性器官”に感謝をすることを忘れている。
いわゆる“オマンコ”あってのセックスなのだから、感謝を忘れてはいけない。

だから、そのオマンコが納まっている下腹部の感触を楽しみ、いつくしむことは男として当然だと思う。
セックスをした後の下腹部は、表面上は何の変わりも無いのだが、俺にはとても愛おしく、そしてそそる感触をしていると言える。
さんざんセックスをした後でも、この感触を楽しんでいるうちに、何となくまたやりたくなってくる。

いったい、何回やれば気が済むのだろうと考えてみるのだが、セックスは考えるものではなく、やるものだ。
それではいったい、いつになったら“やり止め”になるのだろうか?
答えは簡単で、俺が“下腹フェチ”を止めれば良いだけの話だった。
でも、女の下腹の感触は本当に気持ちいい。 今のところ、この感触を楽しむことを止める気持ちは全くない。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ